fda73da1

→てめえとlandorus-therian →てめえだhitmontop



ぜって許せねえ…

なんだよ威嚇って…

なんで全体効果なんだよ…

強すぎんだろ…

マジで頭おかしいだろ…







すべての物理アタッカーから凄まじい憎悪と軽蔑を集める2大威嚇ポケモン。

どうにかして、こいつらをボッコボコにしてやりたい…。








diggersby怒りの声






だったら俺はハーブをキメるぜ!!!!!



ということで、今回は【白いハーブホルード】から構築を組んでみることにしました。


アイテム解説 【白いハーブ】:能力ダウンを回復する。





〜白いハーブホルードの考察〜


だめじゃん



まず、ランドロスとカポエラーをA±0ランクの状態で確定1発にできる技と中心に技候補を考えてみました。(ホルード陽気で計算)



★冷凍パンチ
たとえランドにH252振られていても割合: 114.2%~134.6%】で確定1。
無振りランドはA−1ランクで中乱数。白いハーブがなければチョッキ型は絶対に落とせない。

◎ギガインパクト

なんとH振りカポエラーを割合: 101.2%~119.1% という奇跡の確定1。

◎地震 
実質メインウェポン技。カポエラーをダブルダメージで確定2。重力下だと、無振りランドも確定2。仲間も死ぬ。

▲おんがえし
火力が足りない。ニンフ処理などで便利な単体技。倒すより削るという感覚。
味方が手助け撃てるのなら採用確定クラス。


▲岩雪崩
ホルードはS78なのでリザードンなど雪崩を喰らわせたいポケモンの上を取れない。

▲馬鹿力
自力でハーブを発動できるシナジーはあるが、ランドとは違いホルードには高火力のノーマル単体技がある。

▲電光石火
便利な先制技。1/4ぐらいのダメージは期待できる。



 



見よ、この美しき一撃粉砕!!!


もう威嚇に泣くのは過去の記憶だ!!!

勝ったな






landorus-therian<馬鹿力打ちますね

H振りホルードに、意地っ張りランドロスの馬鹿力で 
割合: 105.2%~123.9%!!






一撃粉砕





 


〜スカーフの必要性〜



結果的にランドロスの強さを改めて認識することに。

ぜってえ許せねえ…。

db_akaunto1


陽気ASホルード(力持ち換算)と意地っ張りASランドロスは奇しくも

ASの実数値が全くというゲーフリの悪意に満ちた種族値となっており、



ホルードはスカーフを持てない限り、ランドロスを抜くことが出来ないのである…。


なんという皮肉…

なんという定め…


ポケモンは道具がひとつしか持てない以上、

ホルードは絶対にランドロスには勝てないのか…



せめて白いハーブとスカーフを両持ちすることが出来たら…



















florges-blue



出来ちゃった。


フラージェス

フェアリータイプ

特性:共生 「
味方が道具を使ったり失った時、自分の持っている道具を味方に移動する。








〜スカーフフラージェスという奇形生物〜



しろいハーブを威嚇で消費し、スカーフを共生することで初ターンから

しろいハーブとスカーフの両立ホルード
というスーパー戦闘民族を生み出すことに成功してしまった…。

スーパーホルード

完全に最強。完全にエリート。





しかし、この2匹のコンボには唯一無二と言っていい僅かな欠点が…








威嚇がいないと逆に大変。




ホルードも遅いままだし、フラージェスも超劣化ニンフみたいになるし…
どうにかしなければ…


共生ギミックが完成しなくてもスカーフフラージェス(以下スカージェス)が 
大活躍するような型があれば…。




まずフラージェスの種族値は…

フラージェス:78-65-68-112-154-75(最速スカーフS実数値208 スカーフドーブル同速
ニンフ:95-65-65-110-130-60 




技は…



☆使用できる”まともな”技


■タイプ一致
・ムーンフォース(メイン火力)
・マジカルシャイン(全体技) 
火力はニンフのハイボの7割以下



■サブ
・がむしゃら
・はなびらのまい(草版逆鱗(笑))

・エナジーボール
・サイコキネシス
・めざめるパワー
・輪唱



■補助等
・めいそう
・ねがいごと
・ひかりのかべ
・まねっこ
・いやしのすず
・手助け
・なやみのたね
・マジックコート
・おさきにどうぞ





なにこの技のしょぼさ…まともじゃねえよ…
何でこいつ草タイプじゃねえんだよこの青ネギ野郎は…

florges-blue


数値は悪くないのに…
スキン補正のせいでニンフの劣化として完全に悲しみ背負ってるぞ。


9f8de3f7

ゲーフリ絶対に許さない…



絶対に…




ぜっt…






気付く



…増田ありがとう…!!! 








〜おさきにどうぞとは〜


という流れで、
スカーフ共生とスカーフお先にどうぞを使い分けるという方針が決まった今回の構築。


まず【お先にどうぞ】を使うのが初めてなのでどんな技なのか詳細にチェック。 


 お先に


<お先にどうぞの効果>


・お先にどうぞを撃った相手を、そのポケモンの次に無条件で行動させることができる。

・お先にどうぞ自体は優先度がなく、遅いポケモンばかり覚えるが一部早いポケモンも覚える。

・優先度ー1以下の技を使用するポケモンに撃つと、優先度を無視して行動が可能。
  トリックルームはもちろん、きあいパンチまでも即刻撃つことができる。

・有効な場面は限られているが、相手にも撃つことが可能。穴を掘るホルードとシナジーが有る!? 




どう考えても鈍足高火力アタッカー使え、ってやつだ…!

鈍足アタッカー




お先にどうぞトリックルームで、安全にトリルを貼ることも可能で、

超鈍足トリパとのシナジーはべらぼうに高いと思われる。



お先にどうぞでトリル張ってもよし、おさきにどうぞで上から高火力攻撃してもよし…



むしろホルードが空気になるレベルで強そうだ。

 

ということで、僕自身あまり普段は組むことのないトリックルームパーティーを

スカージェスという奇形生物を背負いながら構築することになりました。




というわけで前置きが凄く長くなりましたが、構築のご紹介です。




〜構築紹介〜



diggersbyflorges-blue201501132340255cemeowsticgastrodonlopunny





我らがアイドルポケモン・ホルードちゃん♀
 


 diggersby

【ホルード】

持ち物白いハーブ 特性:力持ち
能力値:陽気AS 161 108 97 x 97 143 
:地震 冷凍パンチ 恩返し 岩雪崩



ギガインパクトなんて無かった。

後述のポケモンに手助けできるやつが2体居るため、恩返しで十分と判断。
でもやっぱり火力足りずに困った場面は多かった。

岩雪崩と守るなどと悩んだが、
守ったターンに威嚇持ちが出てきて共生発動したらたまったもんじゃない。
 
結局スカーフでリザードンの上から岩雪崩を撃てると見込んで岩雪崩にしたが正解だった。
困ったときは岩雪崩。 

パーティーの都合上、地震をすかせる味方がいないため味方を殺しまくることとなった。

冷凍パンチを撃った時に限って、ランドロスが逃げる。
スカーフを持っても、意地っ張りランドロスと同速であることはもう気にしてはいけない。





劣化ニンフという呪われし運命を背負った悲しき紳士ポケモン
 


 florges-blue

【フラージェス】

持ち物こだわりスカーフ 特性共生
能力値:臆病HS 185-x-88-133-174-139(スカーフで208)
お先にどうぞ ムーンフォース マジックコート 手助け



今回彼はレディーファーストを身につけた。

スカーフ共生というギミックのためにスカーフを持たされたが
ギミック発動しないほうが多いという悲しきポケモン。

むしろ、後述の鈍足アタッカーにお先にどうぞするほうが強かった気がするので
ある意味で救われたのかもしれない。


 
余りに舐められすぎて、
フェアリー弱点が目の前で居座る。
サザンドラが目の前で居座る。
ズルズキンが居座る。(3回) 


無振りなのに思いの外ムーンフォースの火力があって、C種族値の高さを感じた。
フェアリー弱点がいるときに限って、攻撃技を押していたが
ほぼ100%交代してこないので凄く助かった。凄く輝いてた。

手助けはほぼ毎試合使っていたので、必須級。 
おまけで入れたマジコはスカーフドーブル対策だが撃つことは殆どなかった。

お先にどうぞはやはり警戒されないようで、
鈍足アタッカーが初手から攻撃していくことが容易に可能だった。


耐久も十分あったものの、ホルードの地震でかなり被害喰らってる場面が多いので場に居座ることはあまりなかった。






鈍足アタッカーといえば彼女
 

201501132340255ce

【メガバクーダ】

持ち物バクーダナイト 特性ちからづく
能力値:冷静HC 177-x-121-216
-125-22(最遅)
:噴火 熱風 大地の力 守る



NNは必然の「ふじこ」

鈍足アタッカーの中から即決で選ばれた超火力ポケモン。
超火力といえど補助なしで敵を一掃できるわけではなく、
ある程度大切に扱う必要があった。

大切に扱った時の耐久耐性は想像以上に良好で、
被弾覚悟で行動しても十分な働きを見せた。

噴火は命中安定技として使用する感覚が強く、熱風で十分だった気がする。
ワイガを呼びこむので、横取りや単体技の必要性を感じた。
 




ポケモン界の便利屋、トリルして死ぬのが最大の仕事

meowstic

【ニャオニクス】

持ち物メンタルハーブ 特性:悪戯
能力値:図太いH252他調整 181-x-130-
x-103-132
:トリックルーム ファストガード 横取り 重力



オーロットが雑魚すぎて解雇により、駆りだされたトリル要因

ポケモン界最大の便利屋。こいつもハーブをこよなく愛する。

まず確定のトリックルームとファストガード。
お先にどうぞの苦手とする猫だましを完璧に防いでくれるイケメン。

パーティー上、横取りは絶対に必須。特にホルードの地震読みワイガ横取りは
自分自身を守ることにもなるので最高に気持ちが良い。


このポケモンが最大に輝いていたのは、
くどやん氏のファイヤーがフリーフォールを決めた際に重力でたたき落とした瞬間だった。
 
この構築の流用個体でめんどくさくて重力を覚えさせたままであったことが功を奏した。
重力ホルードの回
 
後にも先にも 重力が活用できたのはそこぐらいなので、手助けなどにすべきだと思われる。






バクーダトリパのおまけ的存在


gastrodon

【トリトドン】

持ち物食べ残し 特性:呼び水
能力値:冷静B多め調整 208-x-108-137
-102-39
:濁流 熱湯 大地の力 守る


思考停止でついでに入ってきた。

日本晴をしない構築なので、特に間違ってはいないと思われる。
総合的な火力はないものの、濁流は追加効果が優秀でめちゃくちゃ強いと感じた。

アタッカーというより横に置いておく装飾品のような存在なので
お先にどうぞする先としては微妙。

倒せる相手がホルードやバクーダと被っているという完全な欠陥構築を感じさせてくれた。


特に活躍したとも感じないので、もしかしたら弱かったのかもしれない。
ただ、こいつが居ると居ないとでは構築の動かしやすさが全く変わってくると思われるので
外すに外せない、阪神における金本のような存在になってしまった。

流用個体なので言うべき調整などは特に無し。 






お先にどうぞ要因その2 



lopunny

【ミミロップ】

持ち物なんでもいい 特性:ぶきよう
能力値:臆病HS 181-x-111-x-123-182
:猫だまし お先にどうぞ 仲間作り 手助け


かわいいウサギポケモンが2匹並ぶシナジーの素晴らしさ。

こいつのお先にどうぞは十分早くて強力。
むしろ融通の聞く立ち回りができるので、スカージェスより使いやすかった。
ただし警戒されやすさはフラージェスより高い模様。

ミミロップがスカーフを失った中央のフラージェスを動かし、
フラージェスがニャオニクスを動かしてトリル成功、と言う展開も一度あるなど

こいつのおかげで起伏に富んだ対戦ができ、かなり面白いポケモンであったと感じる。


仲間作りや手助けは、すり替えやアンコールなどと頻繁に変えて使用していたが、
すり替えを使わないからってメガ石を持たせてはいけない。
間違えてメガ進化して泣いた試合が4回はあった。










〜立ち回りの話〜


・相手に威嚇ポケモンがいる場合645r237


meowsticdiggersbyflorges-blue


こんなかんじの選出で、本来の目的である共生ギミックを発動させる。

本来ランドロスには冷凍パンチをすべきであるが、冷凍パンチの一貫性が低い場合は
手助け恩返しなどでも良さそう。なお手助け恩返しでカポ落ちないことがあった。悲しい。


特に強さを発揮したのが、対晴れパ。
地震や岩雪崩の一貫性が高い相手には、雪崩をするだけで負担になる。
たとえ威嚇が来なくとも、スカージェスがお先にどうぞしてくれるのである程度戦えた。


スカーフが共生でバレてしまうのが最大の欠点なので、
相手がどう対処してくるか読み切るのが重要になっていた。


読み間違えればホルードはスカーフ奪っただけでランドロスの馬鹿力などで落ちていくことになる。
準速スカーフランドとの同速負けはもう諦めた。
ニャオではなくミミロップを出せば、猫で安全に動ける。

重力手助け地震を撃つのも強力。当然フラージェスには早めに死んでもらおう。





・相手にドーブルがいる場合235


取り巻き次第、というのが正直なところだが…
フラージェスのマジックコートは安定しなかった。

威嚇ポケモンが相手に入れば共生ギミックで安定して戦えるが、
居ない場合はスカーフドーブルと同速勝負にかけるのが一番だった。

ということでこの並び。
201501132340255ceflorges-blue


残りは相手次第でニャオorミミロップ。
襷ドーブルの場合は先行確定で噴火できるので、少なくともある程度の被害は与えられる。




・相手にトノルンパがいる場合186272

諦めよう。


・相手が滅びパの場合m05576

諦めよう。

ミミロップの仲間作りでどうにか出来るかもしれない。
どうにか出来た試合はなかった。



・相手が叩きパの場合639547
相手の初手の行動次第、読み切ろう。
ダメなら諦めよう。


勝ち筋をいうと、
①ニャオの横取りで追い風を奪う
②ファスガで猫止めてお先にどうぞ地震

相手次第でどちらジャンケンになるので安定は全くない。


meowsticdiggersbyflorges-blue

この並びで出すとスカーフホルードを警戒して
初手は追い風守る、の場合が多いので


横取り・地震・お先にどうぞ

が最安定択。


地震を撃たないとアンコールされてしまうから注意。
当然フラージェスは2ターン目の地震で死ぬ。
 


・相手がスタンの場合m06700

このパーティーで最も楽しい相手かもしれない。 

スカーフ共生・お先に噴火・お先にトリルの どれを取るか
勝ち筋を読んでいく過程がとても楽しい。 

ミミロップの立ち回りが最重要になってきて、
仲間作りが最大限に輝くのもこの相手。


ホルードやバクーダを大事に扱うことが重要。

逆にトリトドンは案外重要度が低く、水打点が通りが悪い&呼び水が不要な場合は
トドンを積極的に投げてクッションにするのが良いと感じた。
 




〜そして解散へ〜


 降参


まず言いたいのは、
アタッカーの攻撃範囲が被りすぎていること。


対処に困る相手が非常に多かった。

ホルードの器用さをもっと有効に活かすべきだが、技のスペースが足りない。
地震は切ってもいいのかもしれないと思うほど、打点がかぶっていた。





そして、根幹を締めるスカージェスについて。

地獄だ






間違いなくアタッカーにスカーフもたせたほうが強い。



 色々理由をつけたところで、
ホルード自体にスカーフを持たせて手助けや黒い霧をしたほうがよっぽど安定して戦える。


唯一の利点であるスカーフお先にどうぞは、先述の「範囲被り」のせいで十分に活かせなかった上に、
お先にどうぞでこだわってしまうと、相手が簡単に読みきってしまうという欠点も大きかった。



そして、期待したお先にどうぞトリルは


トリル後にスカージェスが大いに足を引っ張る、


という当然の展開が発生し、
トリルターンを無駄にして詰め切れない展開も多くあった。


すまんこ




その分、ミミロップはかなり柔軟に対応ながら戦えたので、
お先にどうぞをするのならミミロップだけで十分。


猫だましの汎用性や対ニンフ性能(仲間作り)などもあって、
フラージェスでなくミミロップが2体居れば強いのにな、と感じさせた。


そうでなくとも、フラージェスを外してアタッカーをもう一枠増やすべきである。




レートでの結果を言うと、


シーズン10で20戦
シーズン11で30戦ほど使用し、


両シーズンとも1700からのスタートで
レートを200ほど下げるまで負けこんだ。



勝率的には30%行ってないと思われる。
今までで一番弱い構築だったのは疑いようがない。




ということで、
今回の「威嚇ポケをメタって絶対許さない」
というコンセプトの構築は





スカーフフラージェスを絶対許さない

という結果に終わった。


したらな




〜感想〜



今回、結果的には悲惨なものとなったが


負けても楽しいと思える試合が多かった。

お先にどうぞという定石も経験値も少ない技を使っていると、
その場その場で立ち回りのアイディアが湧いてくる感覚がこの上なく楽しかった。



特に、お先にどうぞお先にどうぞトリルを思いついて成功させた試合は
ここ最近で一番楽しい試合だった。(なお負けた)

((o(´∀`)o))ワクワク





話は変わるけど、実はトリパは個人的に好きではなく
(トリル要因やトリルアタッカーに好きなポケモンが少ないため)
鈍足アタッカーを軸に置いて構築を組んだのは初めて。




初めて組んだ感想としては、
お先にどうぞやトリックルームが成功しても案外詰め切れられない、
ってことだった。


要因は足手まといのポケモンがいて、アタッカーが安定行動できる機会を喪失してしまったためだが、
同じことも普段相手にしてるトリパに言えるような気がする。


態勢を整えるのが十分でないと、
高火力アタッカーが先をとれたところで耐性やワイガで受け切られて
勝ちには繋がらないと実感できた。



だからこそ、どうやって態勢を整えていくか、
という即席的なパズルや謎解きゲームのような感覚が凄く楽しかった。


ガチトリパは今後とも組むつもりはないけど、
お先にどうぞで戦う構築はもう一回やってみたいなと思ってる。
今まで考えたこともない立ち回りのアイディアが湧いてくる瞬間が凄く楽しかったから。

 
みんなにも、そんな構築どんどん使って欲しいと思います。
スカーフドーブル起点のトリパなんて凝り固まった構築使うんじゃ無えぞ!


とんでもなく長い記事になったけど、読んでくれてありがとうございました。

またな




【追記】

本当にまたあった。
この記事の次の日の、なんと脱出共生バグがポケモン界を騒がせることに。

そのバグを取り入れた進化系がこちら↓

▼